プロトリマー・ペットサロン・ペットショップ様向け 卸・仕入れ・通販サイト

9月1日は防災の日!

9月1日は防災の日って知ってましたか? よく小学校でこの日に避難訓練をした思い出がよみがえります。
さて、災害はいつ起こるかわかりません。実際に災害が起きてからの準備では間に合いません……
普段から準備をし、備えておくことが必要です。

災害に備え日頃からできること

①普段の暮らしの中で

災害時にペットを守るには飼い主様が無事でいることが何より重要です。災害が起きたとき、愛するペットの命を守ることができるのは、飼い主様しかいません。 ご自身が普段いる場所やペットの寝床など壊れたり倒れやすいものが置いていないか、家具の固定など対策をしておきましょう。



②避難経路、緊急時の預け先の確認

住んでいる地域や自治体の広報紙、ウェブサイト等で災害時の避難所の場所や避難ルートの確認ができます。避難場所がペット可なのかどうか、避難所にペットを連れて行く際の注意事項も、あらかじめ管轄の自治体に確認しておくことをお勧めします。また、万が一同行避難できない場合に備え、親戚や友人など、ペットの一時預け先を探しておきましょう。

ちょっと豆知識

同行避難と同伴避難の違いは??
・同行避難…ペットとともに安全な場所まで避難することなので、避難所と同じスペースで生活する事ではありません。
・同伴避難…被災者が避難所でペットを飼養管理することです。注意点として、同伴避難についても、指定避難所などで飼い主がペットを同室で飼養管理することを意味するものではなく、避難所によってルールが異なります。



③ペットのしつけ

避難所・仮設住宅では動物の好きな人、嫌いな人、動物アレルギーの人など様々な人が集まり、共同生活を行います。共同生活におけるトラブルをできるだけ少なくするためには、ケージやキャリーバッグに慣らしておく、むやみに吠えないなどの普段からのしつけが非常に大切です。



④避難用品や食料品の備蓄の準備

実際にあった事例として人用の避難物資は届くのにペットフード、用品の物資が届かないということがあったようです。避難の際には愛するペットの命にかかわるような食べ物、水分は必ず必要になりますので、普段から1袋多めに持っておくことや、ペット用の水分を用意しておきましょう。



ペットフードや災害時にあったら便利な商品などまとめましたので、是非ご説明の上お客様へオススメください♪